カテゴリー別アーカイブ: プロポ・ESC・モーター・エンジン・サーボ関連

棚卸のため臨時休業のお知らせ

平素よりRC CAR SHOP SPIRALをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、5月30日(木)と、31日(金)の2日間を棚卸のため臨時休業とさせていただきます。
6月1日(土)から通常営業とさせていただきます。

■ 発送について
・代引きにてご注文分の出荷は5月29日(水)16:00までのご注文受付分までを即日発送させていただきます。
・銀行振り込みの場合、5月29日(水)中にご入金確認が取れた場合、発送させていただきます。

■臨時休業後の出荷
臨時休業期間中にwebショップ・webストアにてご注文をいただきました分は、6月1日より順次出荷させていただきますが、ご注文を多くいただき出荷できなかった場合はご連絡させていただきます。

お客様にはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

超小型ハンダゴテ!! YEAH RACING ハイパワー ポータブル ハンダゴテ

ヤーレーシングから、心ときめく商品が発売されました!!
その名は、『ハイパワー ポータブル ハンダゴテ』
ハイパワーで携帯できるハンダコテですよ♪
↑商品名そのままですが(笑)。
ヤーレーシング製品は、ヒットさん(パワーズ)から発売されています!
このハンダコテは、その名の通りポータブルできるハンダコテです。
AC100Vは使用せず、DC電源を使用します。
DC12Vから24Vに対応していますので、安定化電源3セルリポではんだ付けが出来てしまう、超優れもの商品なのです!!

まずは、恒例の開封の儀!!
下記写真は、パッケージ表と裏になります。
ブラックにヤーレーシングのロゴが、キラリと光ります♪

パッケージを見た瞬間の第一印象は、『小さっ!!』
でした(笑)。
皆さんおなじみの、パワーズ ソルダーと並べてみるとその大きさが伝わると思います!
このパワーズソルダー、使いやすく仕上がりもきれいなんです♪
まだ、使われたことがない方は、ぜひ使ってみてください。
Powers PJ-0027 パワーズ ソルダーPowers PJ-0027 パワーズ ソルダー

パッケージはスライド方式!
ハンダコテを使用した後は、この箱の中に収めることができます♪
さすがポータブル♪

箱の中はこんな感じです♪
残念ながら取説は英語のみで、日本語の取説は入っていませんでした。

取扱説明書の表と裏です。
なんとかわかりそうです(笑)。

ハイパワー ポータブル ハンダゴテ各パーツの紹介 に続きます。

YEAH RACING YT-0188 ハイパワー ポータブル ハンダゴテ
YEAH RACING YT-0188 ハイパワー ポータブル ハンダゴテ【ご予約商品です】 SPIRAL Webショップでご購入の際は、こちら
SPIRAL Webストアでご購入の際は、こちらへ!

Twitter/Facebookページ

スパイラルTwitter/Facebookページでは、このブログよりも早く、随時新入荷情報を配信しています。
しかもSALE商品はTwitter/Facebookでしかアップしませんので、お見逃しなく!



https://www.facebook.com/spiralrc/

R1 WURKS ブラシレスモーター開封の儀♪

いきなりですが本日、『どどーん』とこんな商品が入荷致しました♪

EPツーリングユーザーならだれもが知っている、『R1 WURKS』
沢山入荷してきたので、思わず大興奮♪
興奮するとすぐに開封の儀をしてしまいます(笑)。
少しお付き合い頂ければと思います♪

ダンボールの筒にモーターが入っています♪
今回入荷したのは、17.5T
R1 WURKS R1-175-125-V16 R1 WURKS V16 ブラシレスモーター【17.5T JMRCA/12.5mm Rotor】と、

13.5Tの
R1 WURKS R1-135-125-V16 R1 WURKS V16 ブラシレスモーター【13.5T JMRCA/12.5mm Rotor】

シュポン♪と蓋を開けると、ビニールに入っているモーターが顔を出してきました♪
ダンボールの内側は、残念ながら黒では有りませんでした(笑)。

結構厚めのチャック付きビニール♪
わたくし、ビニールマニアなのですが!? かなり厚手のビニールに入っています。
ビニールが緩衝材も兼ねているようで、ダンボールの筒を縦に振っても、カタカタと音はしません。

ケースにはガッツリ穴が空いています♪
そして、ビスにR1の刻印が!
凝ってます♪

結構な数を購入したのですが、商品登録直後からどんどん売れていきます♪
ご入り用のお客様は是非、ご検討ください!

SPIRAL Webショップでご購入の際は、こちらへ!
SPIRAL Webストアでご購入の際は、こちら

ORION HMX10 ブラシレスESC Modified 開封の儀♪

先日ブログでご紹介させていただいた、ライアン・メイフィールド選手のマシンに搭載されていた、オリオンのブラシレスESCが本日入荷いたしました!!

ESCは通常小さい箱に入っているのですが、なにやら大きい箱に入っています!

箱にはこのようなステッカーが!!
説明書は入っていなく、説明書は、http://www.hmxtechnology.com/からダウンロードしてくださいとのことです。
日本語の説明書もダウンロード可能です。
PCからセットアップする場合は、USB-Microケーブルが別途必要になりますので、ご注意ください。

恐る恐る箱を開けてみると・・・・。
カーボン調のがっちりとしたケースが現れました!!
もう、興奮度MAXです♪

興奮しながら、ジッパーを開けると(笑)、どどーんとESCが出現!
ケースだけで欲しいかもです・・・。

内容物は、取り説など入っていないので、実にシンプル!
きし麵型USBケーブルがまたかっこ良いんです♪

そして、ブラシレスESC!!
コードがかなりぶっとく、恐らく10G!
そして、ファンがカーボン調♪
めちゃくちゃカッコイイです!!

スイッチ・受信機へのコードなども全てブラック!
ケースはオールアルミ製ですごい高級感です!

写真では上手く写せませんでしたが、穴が空いています♪
エアーフローデザインなるもので、エアーダクトが効率よくESCを冷却してくれます!

スイッチ周りのコードもシリコンで固められていました!

もうハイテクすぎて付いていけませんが、かなりカッコイイです!
説明書クイックガイドFAQも日本語でダウンロード可能なので、説明書が無くても問題なくセットアップできると思います。

世界選手権でダブル優勝を獲得した、HMX10 ブラシレスESC!
初回入荷分限定特価でお買い得です!
是非お試しください♪

SPIRAL Webショップでご購入の際は、こちらへ!
SPIRAL Webストアでご購入の際は、こちら

どれだけ詰め込めるか挑戦!! パワーズ ユニバーサル RCバッグ

様々な商品をリリースしているパワーズさんの新製品、パワーズユニバーサルRCバッグが入荷してきました!

この商品、色々な用途に使用できるサイズで、なかなか使えそうなのでちょっとご紹介させていただきます♪

まずはパッケージ編。
ヒットさん(パワーズ)創業25周年記念のドックタグが同梱されています♪

ビニールを剥がし、危うくドックタグを一緒に捨ててしまうところでした(笑)。
皆さんも気を付けてください♪

外装にEVA素材なるものを使用しているそうで、結構な強度があり、しかも軽量です♪
外装はブラック!とてもかっこいいです♪

ジッパーは大きめなものが採用されていて、開け閉めがしやすいのが特徴です。
中央には鍵もかけられる穴も有ります!

蓋を開ける、こんな感じです♪
固定用スポンジブロック2個とベルト2種、取っ手ベルトが付属します。
丁度良いサイズなので、充電器・バッテリー等を収納しようか、プロポを入れようか等、色々と思い浮かびます♪
厚みは11センチまでの物ならば収納可能ですが、バッグの角は大きなアールが付いているので、角付近は11センチ未満となります。

バッグの内側は面ファスナーが付く素材で、固定用スポンジなどを上手く使用し、プロポを固定したり、充電器の裏に面ファスナー等を付け固定!等もできちゃいます♪

蓋側にはバッテリーを入れたり、工具を入れたりするのに便利なポケットも有ります。
ちなみにスマホ、財布などを入れてみました(笑)。

プロポはサンワのMT44が丁度11センチなので、ばっちり収納できました!!
フタバの4PLSも普通に収納可能です!

サンワのM12系はエクステンションが付いていると、どーやっても入りませんが、エクステンションが付属していないものは、少し「もっこり」しますがなんとか入りました(笑)。
フタバの7PXも同様にエクステンションが付いていなければ、少しのもっこりで収納できると思います。
でも、プロポにちょっと負担がかかりそうなので、このあたりは自己責任でお願い致します。

エクステンションを付けたM12、どーやっても入らなかったの図です(笑)。

先日入荷してきたばかりの、ヨコモ製パーツケースセット (255×190×60mm)がぴったりフィット♪
パーツなどをパーツケースに入れ、蓋に工具!等、かなり使えそうな予感がします♪

パワーズ ユニバーサル RCバッグの写真を撮っている所に、男前の方がご来店されたので、モデルをしていただきました♪
オーバードーズの橋本さん、どうもありがとうございました♪

取っ手のベルトは横向き、縦向きに取り付け可能ですが長さの調整は残念ながらできません。

SPIRAL Webショップでご購入の際は、こちらへ!
SPIRAL Webストアでご購入の際は、こちら

O.S.SPEED 21XZ-B Spec.III

OSからリリースされた、21XZ-B Spec3バギー用エンジンをご紹介させていただきます。
今現在、OS SPEEDのバギー向けエンジンはこの21XZ-B Spec3と、B2101とB2102の3種類が存在します。
B2101(B2102)エンジンは、ボアストローク比が1(1:1)のスクエアーストロークを採用した扱いやすい特性のエンジン。
21XZ-B Spec.IIIは、ボアよりストローク値が長い、ロングストロークでトルクフルな特性のエンジンとなります。

今回はエンジンの外観、エンジン内部パーツのご紹介、実際にエンジンを回してみてその特性などを検証していけたらと思います♪

パッケージ

OSエンジンには、MAXブランドとO.S.SPEEDの2ブランドあり、後者はOSのチューニングエンジンとなり、各所に拘ったパーツを装備しています。

その拘りはパッケージにも見て取れます♪
箱の外側にはカバーがあり、しぶーく「O.S.SPEED」のロゴが印刷され、高級感漂う外箱、とても素敵です♪

21xz301

カバーをスライドさせエンジンが入る箱を取り出します♪
箱の両サイドには、またまた「銀のO.S.SPEED」ロゴが印刷。
黒の無地にシルバーはものすごく目立ちますね♪21xz302

そして、エンジンが入る箱を開封すると・・・。
なんと、裏地はレッド!!!
O.S.SPEEDブランドのエンジンはすべてこのパッケージで統一されています♪
とても素敵です♪
中には、取説、ステッカー、そしてエアーパッキンに包まれたエンジンが!!!!
21xz303

エアーパッキンから取り出すと、さらにビニールに包まれたエンジンが登場です♪
エンジンを包むビニール、これをほどくと再び同じようにエンジンを包むことができない、OSエンジン伝統の巻き方(笑)♪
エンジンのほか、レデューサー6φ(エンジンに6.5φが付属)、ガスケット、P3プラグなどが付属しています。21xz304

O.S.ENGINE 1AN00 O.S.SPEED 21XZ-B Spec.IIIバギー用エンジン SPIRAL Webショップでご購入の際は、こちら
SPIRAL Webストアでご購入の際は、こちらへ!

Twitter/Facebookページ

スパイラルTwitter/Facebookページでは、このブログよりも早く、随時新入荷情報を配信しています。
しかもSALE商品はTwitter/Facebookでしかアップしませんので、お見逃しなく!



https://www.facebook.com/spiralrc/

エンジン外観へ続きます。

SANWA PGSサーボの紹介・設定など

サーボの外観

三和電子さんから、すっごいかっこよいPGSサーボシリーズが発売されました!!
全てオールアルミケース! そしてオールブラック!
更にミドルケースには衝撃的な加工が施され、もう突き抜けてかっこよいと個人的には思っています♪
後は、コードとコネクターがブラックになってくれれば、言うことなしです(笑)。

ボトムとアッパーケースを固定しているビスが丸見えです♪
衝撃的にかっこいいミドルケース♪ ヒートシンク効果もかなり高いと思います!
GPバギーの場合ですが、走行後のサーボは手で触れないくらい熱いのです・・・。
少しでも熱を逃がしてあげることで、性能の落ち込みを緩和できると思います!

ボトムケースもこだわりを感じます♪
ビスをヘックスにしていただければ、さらによいのですが・・・(笑)。

サーボとレシーバーの接続へ続きます。

Twitter/Facebookページ

スパイラルTwitter/Facebookページでは、このブログよりも早く、随時新入荷情報を配信しています。
しかもSALE商品はTwitter/Facebookでしかアップしませんので、お見逃しなく!



https://www.facebook.com/spiralrc/

YURUGIX FUEL AD(燃料添加剤)

いつも品薄で入荷後すぐに売れてしまう、人気商品のユルギックス製ブレークイン済みエンジン!!
ブレークイン済みエンジンをご存知ではない方は下記バナーを是非クリックしてください! 画像や映像で詳しく説明しています!

その人気メーカーから今度はこんな商品がリリースされます!!

YURUGIX YPM-0002 FUEL AD(燃料添加剤)

燃料添加剤??はて?という方も多いかもしれませんが、この商品は90%程のブレークインが済んでいるユルギックス製エンジンですが、残りの10%は自分でランニングブレークインをしなければいけません。
そのときに、より安全にブレークインをすることを目指しこの商品は作られました。
最後の10%のランニング慣らしは結構重要で、エンジンの性格を決める重要な作業でもあります!
無理をすると、PCがカジッたりもします!

そこでこの商品を使うことで、より安全に最後の慣らしを仕上げることが可能になります!
この商品は、私もテストに加わりその性能を実感しています♪

まずは商品のパッケージからご紹介です♪

商品はいつものジッパー付きの袋に入っているので、使用後もこの袋に入れて保管が可能です♪

この商品、100mlの内容量ですが、どれくらいの大きさかちょっとイメージが湧かなかったので、ユルギックスの人気商品
YURUGIX YPM-0001 Specialエンジンメンテナンスオイル
と並べてみました♪
結構大きいです♪

いきなりですが、テスト光景です(笑)。
そしてエンジンはOSのB2102!!
私は無限精機さんからサポートを受けているので、当然エンジンも無限精機製なのですが・・・。
近々、スパイラルブログでこのB2102エンジンの製品紹介をアップさせていただきます!(近々・・・)

このテスト時点では、試作の容器に怪しげのシールが貼られています♪
トップシークレット情報が記載されていたので、モザイクが(笑)。

500ccの燃料に対し、FUEL AD(燃料添加剤)を50cc(約半分)使用してブレークイン燃料を作ります。
FUEL AD(燃料添加剤)には容量に何cc入っている旨の記載があるため、容易に50ccを吸い取ることが可能です♪
最後に日頃使用しているOS製の燃料、NITRO-X OFF ROAD 30%燃料ボトルに500cc入れ使用しました!

が、・・・。
今考えると本当は先に燃料を500cc燃料ボトルに入れてから、50ccのFUEL AD(燃料添加剤)を吸い込むのが正解・・・。
でも、FUEL AD(燃料添加剤)が多いほうがエンジンには安心♪
と自分に言い聞かせてます(笑)。

うん十年エンジンバギーをしていますが、燃料にFUEL AD(燃料添加剤)を50cc添加するだけでこれほど違うのか・・・。
と、改めて発見(笑)。
下の画像を見てください♪
ボディーサイドとリヤダンパーステー、ホイールなど、凄い汚れが!!
これ、結構重要なんです。
FUEL AD(燃料添加剤)を添加することで、残りの10%のブレークインが少し長引くかもしれませんが、安心してブレークインを行うことが可能になります!
そして、ちょっと気が付いたことがあります!
なんか、トルクが上がったかも・・・・と♪

ブレークインが終わり、ほぼレースレベルでニードルを絞ってみました♪
その時、先ほど気が付いたのが・・・。

通常の走行でもこのFUEL AD(燃料添加剤)を入れると、いいのでは??と・・・。
私の場合燃料4Lに対し、このFUEL AD(燃料添加剤)を20cc添加してみたのですが・・・。
これが、また良いんです♪
トルクが増える感じでジャンプも楽に飛べるように♪
そして、エンジンの寿命も延びる可能性が高くなることも容易に想像が付きます!
通常走行時の添加量は、初めは少ない量で進めていき、自分の好みの量を見つけ出していけば、強力な武器になる商品だと思います♪

是非、その性能をお試しください!
決して損はしない商品だと思います♪

SPIRAL Webショップでご購入の際は、こちらへ!
SPIRAL Webストアでご購入の際は、こちらへ!

ARROWMAX AM-199504 アローマックス アルミ製ピットライト【Black Golden】

アローマックス商品がヨコモさんから入荷するようになりました。
このメーカーの商品、いちいちかっこいいんです(笑)。

そんなかっこ良いアローマックス製品ですが、その中でも心躍る商品がこのピットライトでした♪
まずはパッケージからご覧ください。
まあ、なんてことはないただのダンボールなんですけど・・・・。

押しだすタイプのパッケージでした。
ちょっと開けてみたのが運の尽き・・・。
むむむ!! すっごいかっこいいんです!!!

ピットライトには半透明のビニールで覆われているのですが、これもまたカッコいいんです(笑)。

ピットライトを取りだしてみると・・・。
上げ底になっていて、なんだかスマホを購入したかのような、あの素敵な心躍る感じがこの商品にはあったりするんです♪ 
もう、心拍上がりっぱなし状態です・・・。

箱の中身はこんな感じで、ピットライト、USBケーブル、ケース、壁掛け用のブラケット、取り説が入っていました。

ビニールを取ってみると、もう言葉が出ないくらいかっこいいんです♪
なんでしょう、この高級感!
当店の販売価格は、5416円(税込み)ですが、とても5000円台の商品には見えません・・・。

裏側です。
LED部分にはアンチグレアデュフューザーが付属しているので、直視してもまぶしくなく、光も柔らかい(疲れずらい光だと思います)のでピット作業がはかどりそうでした♪ 

このままの状態で、LED部分を押し上げてみました♪
適度なフリクションで、パタンと落ちるようなこともなく、とても5000円台の商品には思えません・・・。

あれ?なんか小さいかも??とか思いつつ、更に大きくなることに気が付いたのは、約一分後でした・・・(笑)。
この小さな状態でも問題なく使えます!

LED部分を更に押し下げることができまして・・・。


これが一番高い状態です♪
色々な形態を選べるのがこのライトの良いところだと思いますし、ライトもLED2 段調光で、スマホ等の充電器などがあれば充電できるマイクロUSBを採用しています。
万が一バッテリーが無くなっても、USBコードを差し込めば使用可能です♪
この商品、ピットライトをすでにお持ちだとしても、持っていて損はない商品だと思います♪

SPIRAL Webショップでご購入の際は、こちらへ!
SPIRAL Webストアでご購入の際は、こちらへ!

YURUGIXブレークイン済エンジンの慣らし過程を映像で紹介

大人気!! YURUGIXブレークイン済エンジンの慣らし過程を映像で紹介①

埼玉県飯能市にあります、グリーンパークスピードウェイさんにお邪魔させていただき、ブレークインの工程などを写真、ビデオに収めてきました♪
ユルギックス代表のゆるきさんがもっているノウハウをブログ記事、ビデオでご紹介させていただきます。

スパイラルでは様々なエンジン & PCセットを販売中!

まずはコマーシャルを(笑)。

ユルギックス代表のゆるきさんが慣らしをしているエンジン、スパイラルでは物凄い人気で、入荷後すぐに完売・・・。
ということも、ざらにあったりましす♪

しかもスパイラルでは、エンジン単体だけを販売するだけではなく、PCセットの慣らし済みも販売しています♪

SPIRAL Webショップでご購入の際は、こちらへ!
SPIRAL Webストアでご購入の際は、こちらへ!

慣らしを個人でする場合の費用と時間、そして安心を♪

エンジンの慣らしには、時間とお金がかかります。
・燃料代(2L使用したとして約1,300円)
・サーキット走行料(約2,000円)
・タイヤ代(GPツーリングのスポンジタイヤの場合、約2,300円)
・実走時の消耗部品(マシンの汚れも・・・)
・約半日の時間を費やす

上記費用だけ計算しても5,600円です・・・。
オンロード系エンジンは、慣らしを失敗するリスクなど考えると、すごいお買得だとおもいます。

エンジンを分解し各部をチェックしてから慣らしを行う!

大変申し訳ございません・・・。
1機目のエンジンはビデオを撮り、2機目のエンジンは写真を撮っていたのですが・・・。
ビデオの撮影をしていたつもりが、エアー撮影だったようで、序盤のエンジン分解工程、慣らし序盤工程を撮れていませんでした・・・。

ここでは唯一写真が残っていましたので、詳しく説明をさせていただきます。


①ブレークイン前にエンジンを分解し、異物の混入や異常が無いかチェックします。
ピストン関連の取り外しをスムーズに行うため、まずはエンジンにフライホイール関連を取り付けます。
そしてバックプレートを取り外します。
この時、必ずピストンは上死点付近に来るように上げておきます。

②エンジンヘッドを取り外します。
インナーヘッドとスリーブをゆっくりと引きぬき、ピストンをクランクシャフトから外し、取りだします。
(ビデオでお見せしたかったです・・・。 大変申し訳ございません。)
 
③ピストン・コンロッド・スリーブ・クランクシャフトなど異物や傷などの異常が無いかチェックします。

④異常が無いことを確認し、クランクシャフト・コンロッドのメタル部分(上下)に、近日発売予定のYURUGIX製スペシャルエンジンメンテナンスオイルたっぷりと注入しピストンを取り付けます。
 
⑤ピストン側面やクランクケース、スリーブの外側にもスペシャルエンジンメンテナンスオイルをこれでもか!というほど注入し、スリーブ・インナーヘッドを挿入します。
 
⑥エンジンヘッドを取り付けます。取付ネジは対角線上に徐々に均等に締め込み取付けます。
最後にピストンを上死点にもっていき、バックプレートをエンジンヘッドと同様に締め込み完成です♪

⑦専用のブレークインマシンにエンジンを搭載♪
このマシン、すごいかっこよく改造してあって製品化してほしいくらいです!!
このブレークインマシンもビデオで詳しく撮っていたのですが・・・。

⑧いよいよエンジンに火を入れます♪
ヘッドには、スポンジタイヤが装着されていました。
ペラからの風がヘッドにあたり、冷えるのを防止するためだそうです。
OSのエンジンは初期のニードル位置で始動しやすいようで、すんなりエンジンがかかりました♪
暖機運転も兼ね、エンジンの温まりを確認しながら、徐々にスロットルを開けていました。

⑨まだ温まりきらないエンジンを、顎を手のように使いこなし、徐々にニードルを絞っていきます。
ゆっくりととても大事にエンジンを扱っている印象でした。

⑩エンジンの熱の入り具合を、手で触り確認し更にニードルを絞っていきます。

⑪軍手を外して、更にチェック!
ニードルの微調整をしていました。
 
⑫ニードル位置が決まりしばらく時間がたった時、メインニードルを緩めたり絞ったりしていました。
なぜこのようなことをするのでしょうか!?
詳しくは動画でご覧下さい♪

YURUGIXブレークイン済みエンジン解説映像①

スパイラルでは様々なエンジン & PCセットを販売中!

最後にもコマーシャルを(笑)。

ユルギックス代表のゆるきさんが慣らしをしているエンジン、スパイラルでは物凄い人気で、入荷後すぐに完売・・・。
ということも、ざらにあったりましす♪

しかもスパイラルでは、エンジン単体だけを販売するだけではなく、PCセットの慣らし済みも販売しています♪

SPIRAL Webショップでご購入の際は、こちらへ!
SPIRAL Webストアでご購入の際は、こちらへ!

大人気!! YURUGIXブレークイン済エンジンの慣らし過程を映像で紹介②へ続きます