SANWA PGSサーボの紹介・設定など

サーボの設定値変更/設定保存

プロポでサーボやブラシレスESCの設定を変更する場合、プロポの設定値でサーボやブラシレスESCが動作します。

プロポのCODE10に入っている、CODE01からCODE10の初期設定値0
なのです!!
この状態でも動作しますが、初めからサーボ自身に設定されていたプログラムは、この時点ですべて、値が0になります。

ひとまず、取説に記載されている工場出荷状態の数値をプロポに入れます!

送信機機能  工場出荷時内部設定値
PGS-LH PGS-XB PGS-XS
CODE02/STRETC 50 40 27
CODE03/BOOST 50 54 43
CODE04/D-BAND 0 2 2
CODE05/MV-MID 50 32 32
CODE06/MV-END 30 27 27
CODE07/BRAKE 50 52 52

下の写真はCODE10にサーボに入っていた工場出荷状態の数値を入れたプロポです♪

今度はいよいよ、サンワ電子の真骨頂!でもある、プロポでサーボの設定を瞬時に変更する手順です♪

実はこちらもすっごい簡単!!

SSL-CH(CODE01)の数値を

『1』にすると、ステアリングサーボ

の特性を変更することが可能です。 

SSL-CH(CODE01)の数値を

『2』にすると、スロットルサーボ

の特性を変更することが可能です。

本当に変更されるのか?
SSL-CH(CODE01)の数値を『1』にして、ステアリングサーボのSTRETC(CODE02)の数値を、0と100に変えてみてください。
明らかにサーボの動きが変わるはずです。

同様に、SSL-CH(CODE01)の数値を『2』にして、スロットルサーボのSTRETC(CODE02)の数値を、0と100に変えてみてください。
明らかにサーボの動きが変わるはずです。

この時点で、サンワ電子の突き抜けた先進の技術を使いこなしています♪

様々な設定をし、好みのサーボ特性を瞬時に変更が可能!
ラジコンがすっごい楽しくなること間違いなしです♪


好みの設定を見つけ出したら、この設定値をサーボに覚えさせることも可能です。

手順的にはこちらも超簡単!

SSL-CH(CODE01)の設定値を『-99』にして、ENTERキーを長押しし、『0』にすると、
ステアリング/スロットル両方のサーボに同じ設定値を記憶させることができます。

ステアリング・スロットルサーボに違うデーターを入れたい!
と思う方もいらっしゃるかと思いすが、これもできちゃうのです♪

SSL-CH(CODE01)の設定値を『-91』にすると、ステアリングサーボのみに設定値を記憶
SSL-CH(CODE01)の設定値を『-92』にすると、スロットルサーボのみに設定値を記憶することが可能です。

SSLはSSRよりも遅い!?

実はSSL(プロポでサーボ・ESCの設定ができるモード)を使用すると、サンワ電子の最高レスポンスモードでもある、SSRよりも遅くなるのです・・・。

本来の性能を発揮するためには、サーボの特性をSSLで決定したら、サーボにその設定値を覚えこませサーボをレシーバーと従来の方法(ステアリングは1CH/スロットルは2CH)で繋げることで、最高の性能を堪能できるわけです♪

■SSLとSSRの違いは体感できるのか!? 検証してみました!! はこちらから!(準備中です。

PGS SETTING GEARを使用した設定方法へ続きます。

Twitter/Facebookページ

スパイラルTwitter/Facebookページでは、このブログよりも早く、随時新入荷情報を配信しています。
しかもSALE商品はTwitter/Facebookでしかアップしませんので、お見逃しなく!



https://www.facebook.com/spiralrc/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください